髪の悩み、特に薄毛の悩みは男性では中年以降、女性では更年期以降の悩みと思われがちですが、最近では状況が変わってきています。薄毛を悩んで医療機関へ相談をする件数も増加していますが、相談者は20代、30代の若い女性が増加しているのです。薄毛になってしまうと人目を気にして、非常に大きなコンプレックスになってしまいます。薄毛の原因は様々ありますが、加齢や妊娠出産などによるホルモンバランスの乱れなどに加えて日々の生活習慣も大きく関係しているといわれています。

女性ではダイエットなどで食事制限や偏った食生活を続けている人がいますが、食事は健康な髪に欠かせない栄養を取り入れる行為です。髪のトラブルが気になり始めたらまずは日々の食生活や生活のリズムを見直すことが大切です。しかし、進行してしまった薄毛は医療機関や専門機関で対策をとることが必要です。最近では薄毛対策の一つとして自毛植毛が非常に注目を集めています。

自毛植毛とはまだ毛髪が残っている主に後頭部から、薄毛が進行している主に頭頂部などに髪を毛根ごと移植して生着させる方法です。従来の移植施術はメスを使い頭皮を切開して行われていましたが、自毛植毛ではメスをつかわず、頭皮の切開もおこなわずに髪を移植する技術が登場しています。この自毛植毛のメリットはかつらや人工毛と比べて自分の髪の毛なので非常に違和感なく自然に薄毛をカバーできるところにあり、現在大変注目をされている施術なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です