薄毛の原因はいくつかありますが、中でも男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の人の割合が圧倒的な割合を占めています。この男性型脱毛症の特徴としては、頭部の頭頂部や額の生え際あたりから徐々に薄毛が進行するという特徴があります。最近では、薬を内服することによって、薄毛の進行を止めることが可能となってきていますが、他にも自毛植毛という技術も誕生したので、より根本的に薄毛の状態を改善させることができるようになってきています。男性型脱毛症の人の場合、後頭部や側頭部の髪の毛は、健康な髪の毛がしっかりと生えていることが多いですが、自毛植毛はこの健康な髪の毛を頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなっている部位に移植するという方法で行います。

移植する際には、頭皮と髪の毛を一緒に採取して移植することになります。この自毛植毛にはいくつかのメリットがありますが、中でもメンテナンスが不要であるということが挙げられます。薬による治療の場合、毎日薬を飲んだり、頭部に薬を塗ったりといったことが必要になりますし、病院に通院する必要があったりします。しかし、自毛植毛の場合、一度植毛をしてしまえば、その後は通常の髪の毛と同じようにシャンプーをすることができます。

自毛植毛は、一度の施術に対する費用はある程度の金額になりますが、一度の施術だけで、しっかりと定着すれば、その後は一切費用がかからないので、長い目で見れば、コスト的にも有利であるということが言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です