最近は薄毛を改善することができる育毛剤や薬などが登場してきて、多くの人が利用しています。しかし、育毛剤や薬を服用することによって、髪の毛の量は一時的には増えるかもしれませんが、元通り状態に戻すことはかなり難しいです。また、薬を服用する場合は、副作用も気になる点として挙げられます。そこで、自毛植毛を行えば、一時的ではなく、より自然な形で薄毛をカバーすることができるようになります。

なぜ、自然な形になるのかというと、植毛するのは人工の髪の毛ではなく、あくまでも自分の髪の毛であるからです。ですから、当然皮膚の抵抗などの問題は起きにくいと考えられます。しかし、自毛植毛で一番大きな問題になってくるのは費用の問題であると考えられます。自毛植毛の場合、費用は保険が適用されませんから、全額自己負担になり、かなり高額な費用になることが予想されます。

ただし、自毛植毛の手術を行う前に、あらかじめ何本の髪の毛を移植するのかということを決めることができますから、本数が少なければ、安い費用で手術を受けることが可能です。現在の自毛植毛の費用としては、髪の毛一本当たりの単価としては、400円から756円程度となっていてます。ですから、1000本の髪の毛を移植するのであれば、最低でも40万円はかかるということになります。中には、基本料で20万円くらいかかるクリニックもありますから、総合するとかなりの費用になります。

しかし、一度の手術で、メンテナンスは特に必要なく、定着すればそのままの状態を維持することができますから、長期的なコストを考えればお得であるという見方もできます。品川で包茎手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です